布小物の事

まずはデザイン起こしから。

アイデアノートに思い浮かんだものを描いてみます。

どんな絵柄が可愛いかな?ここにポケットがあったら便利だな~。こんな時に使って欲しいな!

使ってもらう時のことを考えながらデザインする時間はワクワクします。

これだ!と思ったデザインを形にしてみます。

まずは平面図で大体の形を描きだし、型紙の大体のサイズ感を決めます。

そして形にあった用尺を計算。慎重な作業…。

この作業は大変でありながらも中々楽しい作業!

​時に分からなくなった時は実際布で試したり、紙を使って試したり…

あらゆる方法を試してみます。

数字が決まれば型紙起こし。

布小物を作るうえで一番大事な作業。

ここを雑にしてしまうと綺麗な作品は出来ません。

​型紙が出来れば裁断。

布を切るのは単純に見えて中々大変です。一番苦手な作業です。

裁断が出来れば絵柄を描いたり、フェルト刺繍をしたり、動物の顔を作ったり。

『わたしのおきにいり』ならではのデザインを施します。

ここで下準備は終わりです。

いよいよ縫製です。

縫製する生地にあった針や糸をミシンにセット!

​あとは心を込めて丁寧に縫い合わせていきます。​

粘土小物の事

​粘土作品もまずはデザイン起こしから。

デザインが決まれば、粘土の型を作ります。

薄いアルミ板を線画に沿ってペンチを使いぐねぐね曲げてくってけます。

粘土作品は型抜きクッキーみたいに粘土をかたどります。

粘土をかたどったら2週間ほど乾燥させます。

乾燥が完了したら水分が抜けて見違えるほど軽~くなります。

軽くなった粘土たちをやすりでピカピカに磨いていきます。

この作業は地味で体力のいる作業で一番大変な作業です。

でもこの作業の出来次第で作品の仕上がりが格段に変わります!

黙々とひたすら削ります…。綺麗にな~れ~、綺麗にな~れ~…。

いよいよ色塗りです。

どんな色にしようか、どんな顔の表情にしようか…。

色んな事を考えながら色を塗る作業はすごく楽しい!

明るい色が好きなので、ビビットトーンやソフトトーンを中心に、パステルトーンやライトトーンをおり交ぜてカラフルに。

そして最後はニスを塗って仕上げます。

たっぷり塗ってツヤツヤに仕上げます。

​それぞれにあったパーツを付けて完成です。

​イラストの事

元々私はパソコンを使うのが大の苦手でした。

最初は紙で描くように、パソコン上で絵を描くのに苦労しました。

​描きたい場所に線が描けない、そもそもどれを使えばペンになるのか、どうしたら絵を保存出来るのΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)!?そんなレベルでした。笑

パソコンを買ったはいいけど何も分からず、ここまで絵が描けるようになったのは3~4か月後でした。

3日坊主なこともあり、パソコンを買って早々あきらめかけた日もあります。

でも根気強く1日1時間以上パソコンを使うことによって日に日に出来ることが増え、作業もスムーズに出来るようになりました。

​まだまだパソコンに関しては未知な部分が多いですが、前ほどの苦手意識なく楽しく絵を描けるようになりました。

ショップカードや作品用の台紙のデザインなど、印刷が完了し出来上がったものを見ると達成感があります。

何より「イラストが可愛い」と褒められることが増え、根気強くパソコンと向き合ってよかったと思えます。

​まだまだ伸びしろのあるイラスト、これからも頑張ります!

  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン

© 2016 watashinookiniiri